「スペシャル ゆめライブ」で初の生ライブ! AGF2018「DREAM!ing‏ スペシャルステージ」では、大型新企画“白黒寮合戦”の発表も

 “女の子のためのすべて”が集まる池袋の大型イベント「アニメイトガールズフェスティバル 2018」(以下:AGF 2018)が2018年11月10日〜11日の2日間にわたり池袋サンシャインシティにて開催されました。
 11日に噴水広場ステージで行われた「DREAM!ing スペシャルステージ」には、島﨑信長さん(望月悠馬役)、古川 慎さん(花房 柳役)、小林裕介さん(白華時雨役)、天野七瑠さん(ビアンキ由仁役)そして、MCとして鈴木裕斗さん(報同 守役)が登壇しました。

 『DREAM!ing』は2018年8月9日にコロプラ初の女性向けアプリとして配信された“ゆめ見る男子のキズナ育成ゲーム”です。「AGF 2018」のスペシャルステージでは、新企画の発表、生アフレコに加え、「スペシャルゆめライブ」が初披露され大盛り上がりとなりました。

『DREAM!ing』



ぼくらの夢は『ゆめ』でかなえる―――

『DREAM!ing』は、「ふたりの絆」をテーマにしたコロプラ初の女性向けゲームです。物語の舞台は、全国から才能ある生徒たちが集う「東雲(しののめ)学園」。学園のカリキュラムに沿って、2人1組になりファンを獲得し、首席を目指す候補生たちのストーリーが描かれます。
ファンを獲得するのに不可欠なのは、特殊な装置「ゆめシステム」を利用して、多数の生徒たちと共有された夢の世界で行われる「ゆめライブ」。候補生たちは「ゆめライブ」を成功させたり、同じ寮で生活したりしていく中で、お互いの絆を強めていきます。

文/まさみ
ステージ撮影/佐藤


東雲学園のブレザー姿でキャストが登場!

 『DREAM!ing‏』の主題歌「TAKE A DREAM!!」がステージに流れ、東雲学園マスコミ部部長の報同 守役であり、今回のイベントMCの鈴木裕斗さんが登場すると、会場はファンたちの拍手と大きな声援に包まれました。
 つづいて、望月悠馬役の島﨑信長さん・花房柳役の古川 慎さん・白華時雨役の小林裕介さん・ビアンキ由仁役の天野七瑠さんが登場。出演者たちは東雲学園のブレザーを着用しており、会場は一気に『DREAM!ing‏』の世界へと誘われていきました。

 まず、『DREAM!ing』の魅力を語る「改めて!DREAM!ingってなんなのさ?」コーナーがスタート。
 “キャラクターたちが繰り広げるペアの関係性”、“ときにコミカルで切ないストーリー”、“ファンを獲得するための「ゆめライブ」”といった『DREAM!ing‏』の魅力をずらりと紹介。


 さらに、候補生を演じる出演者たちは、自身の担当するキャラクターについての紹介も行いました。
 望月悠馬役の島﨑信長さんは、望月悠馬のストーリー中での変化や、特徴的な鹿児島の方言について語りました。
 望月悠馬と同室で先輩である花房 柳役の古川慎さんは、自らの演じる花房柳の印象的な登場シーンを身体で再現。会場は大きな笑いに包まれました。
 白華時雨役の小林裕介さんは、キャラクターの持つ二面性に触れながら、彼の裏の顔を象徴するような台詞を紹介。
 ビアンキ由仁役の天野七瑠さんは、彼の天使のような見た目に触れつつ、兄である白華時雨を慕うあまりに、とある力を使ってイタリアから来日するという、”純粋さ”についても語りました。

出演者たちの生アフレコにファンは大盛り上がり

 つづいてのコーナーはファン待望の“生アフレコ”。事前に『DREAM!ing』公式Twitterで企画されたRTミッションが見事達成されたため、ここでしか聴くことのできないストーリーの生アフレコが披露されることになりました。

 まずは「望月悠馬&花房柳」の掛け合いから! 
 望月悠馬が、言葉はたどたどしいながらもファンのみんなと会えた喜びに感謝。一生懸命語りかける望月悠馬に、客席からは「頑張れー」と声援も。

 そんな望月悠馬に寄り添うように花房 柳も言葉を紡ぎ、観客に向かって愛をささやくと、会場からは大歓声が上がりました。花房 柳の鹿児島弁風には会場から笑い声がおこったり、望月悠馬が「会場のお姉さん」と語りかけ……愛の囁きも! 後輩と先輩の微笑ましいやりとりに、拍手喝采となりました。

 次は「白華時雨&ビアンキ由仁に」よる兄弟ペア。
 ビアンキ由仁が「チャオ~」とイタリア語で挨拶をすると、ファンも「チャオ~」と元気よく応えます。

 兄弟でありながら寮も違えば、なかなか同じステージにたてないことを残念がるふたり。セリフにあわせ、白華時雨役の小林裕介さんがビアンキ由仁役の天野七瑠さんの頭を撫でたり、その後も目を合わせながら会話。白華時雨役とビアンキ由仁のふたりの兄弟愛に会場は微笑ましい空気に満ち溢れました。

報同守が「黒寮所属」だったことが発覚!『白黒寮合戦』開催決定

 ファンを驚かせたのは、初の大型企画『白黒寮合戦』(2018年11月16日〜)の開催決定のお知らせです。『白黒寮合戦』は東雲学園で年末に行なわれる、それぞれの寮の主席候補生と応援する生徒たちによる年末バトルです。

 このコーナーではなんと、報同守が黒寮所属だったという新事実が発覚し、会場は驚きに包まれました。
 『白黒寮合戦』は、全国のアニメイトで応援投票数を競うラウンド1、ラウンド2は全国のカラオケ機器「JOYSOUND」で配信されているそれぞれの楽曲で競う歌唱数対決、ラウンド3と4はゲーム内エール投票数対決(前半・後半)。

 最終となるラウンド5は2018年12月16日に開催されるコロプラ10周年を記念したイベント「コロプラフェス2018」の『DREAM!ing‏』公式生放送「ドリ生! コロプラフェス特別版」の出演キャストによる”ステージ上での生対決”が行われると発表されました。

 なお対決の中間発表は11月28日21時30日から配信予定の「ドリ生!」で配信されます。

「スペシャルゆめライブ」披露! 初の生ライブで主題歌熱唱

 そろそろスペシャルステージも終盤に近づいたころ、望月悠馬役の島﨑信長さん・花房 柳役の古川 慎さん・白華時雨役の小林裕介さん・ビアンキ由仁役の天野七瑠さんの4人による、「スペシャルゆめライブ」がステージ上で行なわれると発表。
 ゲーム配信から生ライブが開催されたのは、今回が初めて! 会場は割れんばかりの大きな拍手と歓声に包まれました。

 披露されたのは特別編成による主題歌『TAKE A DREAM!!』。突然の主題歌披露に会場のボルテージは急上昇! 熱気が最高潮に高まりました。歌に合わせ拍手や声援を送る会場のファンたち。
 まさに“ゆめ”のようなひと時から観客が醒めきれないでいるうちに、スペシャルステージは終了の時間となりました。

 「AGF2018」では、観客の予想を遥かに超えて「ゆめ」を見せてくれた『DREAM!ing』。
 これから大型企画も始動し、もっともっと、私達では想像のつかない「ゆめ」を、これからも見せ続けてくれることでしょう。

© 2017-2018 COLOPL, Inc

【あわせて読みたい】

 

コロプラ初の女性向けゲーム『DREAM!ing』は、“私が壁状態”となり男子たちをひたすら眺めていられる育成ゲーム

 実際にプレイを始めた女性たちの感触を調べてみると「沼るかも」「凝って作られている」「予想以上におもしろい」「コロプラだしやってみるか〜と思ったら……」「バカ楽しい」「ストーリーがいい」といった呟きがSNSにあげられています。

 

 そこで、今回はゲームのシステムや序盤プレイの感想ではなく、プレイヤーが『DREAM!ing‏』に感じているだろう面白さと新しさを紹介します。

関連記事:

“女性向けゲーム”約20年の歴史とその分化や進化。はじまりの『アンジェリーク』からVR・ARまで【乙女ゲーム、BLゲーム、育成ゲーム】

“推しメン休暇“のジークレストは産休育休復帰率が100パーセント──ゲーム業界で働く女性クリエイターのいま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ